中信社会福祉協会は、心身に障がいをお持ちの方々の幸福を支えるための努力を続けております。

個人情報保護に対する基本方針 公開情報 サイトマップ

中信社会福祉協会

ホーム 就労継続支援B型事業所 第2共立学舎 写真ギャラリー

就労継続支援B型事業所 第2共立学舎

写真ギャラリー

第2共立学舎 花壇日誌

1.種植え

 3月末、マリーゴールドの種を植え始めました。今年は「オレンジ」「イエロー」「バニラ」の3種類に加え、サルビアの「ブルー」も植える事になりました。小さな種ですが、この種がキレイな花を咲かせてくれます。今から楽しみです。

2.苗の管理

 3月末~4月 植えた種はビニールハウス内にて「芽出し」を行います。この時期まだ涼しいためビニールハウスの暖かい環境で育てていきます。1週間前後で芽が出始めます。

3.発芽

 マリーゴールドの種から小さな芽が1つ、2つと出てきました。どんどん芽が出てくるので新しい容器の準備を進めていきます。

4.土づくり

 芽が出てきたので、大きめの容器へ移す準備に入ります。新しい容器には新しい土を用意します。畑の土に腐葉土、肥料をよく混ぜてから新しい苗箱へ移していきます。なかなか根気のいる作業になります。 

5.畑の土起こし

 苗の発育も進み、新しい苗箱でも狭くなってきたため、定植の準備を始めます。畑に植える前に、畑の土起こしをし、固くなった畑を耕し、苗が育ちやすい環境を整えます。 土を起こした後に「マルチ」を敷いていきます。普通は野菜等に使う事が多いマルチですが、花にも使う事ができます。マルチを敷くと日光が遮られ、雑草が伸びにくくなり、後々の雑草の手入れがとても楽になり効率的です。

5.定植作業

 畑の準備も整ったので、いよいよ定植作業に入っていきます。以前敷いたマルチに穴をあけ、苗を植えていきます。植える際には根を切ってしまったり、傷つけてしまわない事が大事になります。 植えた後にはしっかりと散水するのも大事な作業になります。しっかりと浸るぐらいにかけてあげます。

6.畑の管理作業

 定植作業も終わり、後は畑の管理作業が主な作業になってきます。 主な内容は灌水作業や除草作業、しっかり根付かなかった苗の植え替え等になります。

7.満開!!

 8月に入り、いよいよ植えた花が満開になりました。夏の日差しをいっぱいに浴びて、花壇全体に花が咲いています、葉の濃い緑にオレンジ、黄色、白色の花が鮮やかに咲いています。写真では伝わりにくいのですが、実際に見てみると、とても見応えがあります。お時間があれば1度足を運んでみて下さい。

封入作業

松本山雅FCパンフレット封入

松本山雅FCの試合で配られるパンフレットの封入作業を受託しています。

年間行事

お花見

暑気払い

旅行

クリスマス会

 

中信社会福祉協会